niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

ゆうれいのまち


怪談えほん (4) ゆうれいのまち (怪談えほん4)怪談えほん (4) ゆうれいのまち (怪談えほん4)
(2012/02/16)
恒川 光太郎

商品詳細を見る

 まよなかに ともだちにさそわれて
 ゆうれいのまちを みにいった――

 友達に、奇妙な世界に誘われた子の、奇妙な体験を描いた怪談えほん。


 怖い、というよりも、シュルレアリスティック(超現実的)。最後まで読むと、友達が本当に「友達」なのか、疑わしくなってきます。
 子供も、夜遊びしていて警官に追われるよりも、こういうなんだかよくわからない異形に追われる方がよっぽど怖いですよね。

 夜遊びする悪い子にならないために、この絵本を読み聞かせたら、子供にこう言ってみてはいかがでしょうか。

「夜中に、友達に遊びに行こうと誘われたら、考えてみよう。
この子は本当に、自分が知っている友達なのかな?」
スポンサーサイト

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/1050-11cc31ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad