niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

ちょうつがい きいきい


怪談えほん (5) ちょうつがい きいきい怪談えほん (5) ちょうつがい きいきい
(2012/03/01)
加門 七海

商品詳細を見る

 おへやの とびらを あけると、

 きい きい。

 たかい おとが きこえます。

 なぜだろう。

 ちかくに しゃがんで みてみると――

 とても身近な「音」を題材に、恐怖に包まれる子供の姿を描いた怪談えほん。


 この絵本に出てくる音って、実際に聴くと、不安感を掻き立てられたり、不快な気分にさせられたりする音ばかりですよね。ぜひ効果音がほしいです。口で言うより実際の音を流した方がより怖いと思います。CD付けてくれないかな。
 まあ、インターネットには著作権フリーの効果音素材集がいくつかありますから、読み聞かせの際には活用してみてください。

 この絵本を子供に読み聞かせたら、最後にこう言ってみてはいかがでしょうか。

「もし何か音がして 見に行ったら こんなこと あるかもしれないよ?」
スポンサーサイト

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/1047-d51e07d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad