FC2ブログ

適当徒然

適当に徒然なことを記事にします。

お尻とその穴の文化史

問い・「明日はどのような日になるでしょうか?」
答え・「09-The Hermit(隠者)」正(思慮、真実、結論、答え、解決、解消、真理の探究)

問い・「求めた問いの答えを得るには、何が必要でしょうか?」
答え・「02-The High Priestess(女教皇)」逆(諦め、不安定、優柔不断、疑心暗鬼)

柔軟な思考が答えを得るきっかけになる、ということでしょうか。

お尻とその穴の文化史お尻とその穴の文化史
(2003/08)
ジャン ゴルダンオリヴィエ マルティ

商品詳細を見る


成人向けのBLややおい同人を書く人にオススメ!!!
 生理学的構造の解説から「お通じ」の話、そしてアナル・セックスの歴史と方法(モチロン男色含む)まで網羅した素晴らしい一書。
 お尻の穴は性器として快感を得られるかを考察する章、男性の尻の描かれ方を美術的に考察する章、おまけに男色行為を描いたイラストやコラムとして潤滑剤の正しい選択まで載っている。
 ステレオタイプなBL・やおいを描くことに飽きたらこれを読んでみては?
スポンサーサイト



テーマ:**本の紹介** - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/103-55a44b73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)