niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

悲業伝


悲業伝 (講談社ノベルス)悲業伝 (講談社ノベルス)
(2014/07/03)
西尾 維新

商品詳細を見る


 『醜悪』と呼ばれる英雄・空々空が魔法少女『パンプキン』らと同盟を組み、他の魔法少女らと交戦していた一方その頃。

 ――死にたくない。

 その一心でチームメイトを殺害し、アジトを飛び出した魔法少女『ストローク』こと、手袋鵬喜。思うままに行動し、辿り着いた先で出会ったのは、魔法少女のコスチュームを全く着こなせていない、二人の魔法熟女だった!?

 果たして彼女達は敵か味方か。新たな参入者を迎え、四国ゲームはますます混迷を深めていく――。

 以下、ネタバレ含む感想。


 あ…ありのまま今起こった事を話すぜ!
『自分と同じ魔法少女のコスチュームを着た、大の大人二人が、目の前に現れた』。

 たとえるなら! プリキュアの母親が娘のコスチュームを無理矢理に着たらこうなった、という感じだぜ!

「どうしてこうなった」


 三日目か。男性向け創作か。


 今回は『悲惨伝』『悲報伝』の裏で起きていた出来事を著した、B面的な内容でした。広げた風呂敷を畳むための前準備、と言った感じ。かと言って終始面白くなかったわけではなく、前半はギャグ展開を含めたまとめ、後半はチーム『白夜』との緊迫感溢れる戦闘、となっていました。
 敵よりも味方を多く殺す英雄の元にこれだけのメンバーが揃うと、次回作でほとんどが死にそうな気が。それ以上に魔法少女『ストローク』が場を引っ掻き回しそうだな。
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/1028-f2cfe178
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad