niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

酒と超音波(ウィスキー編)

 今回はウィスキーです。ウィスキーの水割りを洗浄器にかけてみました。

・使用する洗浄器

シチズン 超音波洗浄器 SW5800シチズン 超音波洗浄器 SW5800
(2006/11/27)
シチズンシステムズ

商品詳細を見る


今回いただくお酒

サントリー 角 ポケット瓶 180ML 1本サントリー 角 ポケット瓶 180ML 1本
()
サントリー

商品詳細を見る




・手順
①ウィスキー 50ML:ウォーター 50ML (「1:1」の割合)
②ラップをかけて封する。
③取扱説明書に従って洗浄器を準備。
④超音波攪拌開始。(今回は10分かけました)



 さて結果は―― ↓


・香りが少し増した。
・「とろりとした喉越し」が「まろやかな喉越し」に。



 洗浄器にかけない方が「とろりとした喉越し」だったのは、冷凍庫に保存していたからかも。とにかく結論は、「洗浄器にかけると飲みやすくなる」ということです。

 この感じ、スプーンでステアした感覚に近いのか、それともシェイカーでシェイクした感覚に近いのか、どちらなのかしらん……?

 ただ。
 何度も言っていますが、お酒にはあまり強くないので、比較するためとはいえ、30分内にウィスキーの水割り2杯(50ML ×2 =100ML)はちょっとキツかったです。
 残ったウィスキーは、ウィスキーの割合を減らした水割りにするか、胃に優しい炭酸で割るか、料理酒に使うか、で消費していこうと思います。
スポンサーサイト

テーマ:お酒 - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/1023-55781d7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad