niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

神の時空 ―鎌倉の地龍―


神の時空 ―鎌倉の地龍― (講談社ノベルス)神の時空 ―鎌倉の地龍― (講談社ノベルス)
(2014/03/06)
高田 崇史

商品詳細を見る


 鎌倉の学校に通う女子高生・摩季が、意識不明の状態で発見される。間もなく起きた地震で、鶴岡八幡宮の一の鳥居が倒壊し、修善寺の宝物殿に納められていた源頼家の面が盗まれてしまう。
 女子高生の家族である了、彩音、巳雨、そして友人で語り部の陽一は摩季を救おうと、彼女が残したメッセージ「怨霊」を足がかりに調べていくと、見えてきたのは鎌倉の血腥い闇の歴史で……。

 表沙汰にされてこなかった歴史の暗部を軸に、怨霊を現代に現そうとする者たちと、それを阻止しようとする者たちの攻防を描いた伝奇物語。


 学校や伝記で学ぶ歴史は、長い歴史の積み重ねにおいて表面に浮いてきた、言わば「上澄み」。その奥にある、血腥い闇の歴史を軸に、『QED』では推理小説を、『カンナ』では冒険小説を書いてきた高田崇史氏。新たに始まったシリーズは伝奇小説でした。
 まさか伝奇ものとは。最後で明らかになった陽一くんのことは吃驚。確かに「……?」と気になった描写がいくつかあったが、まさか××とは。確かに「怨霊がいるなら××がいても」だけど。「ちょっと唐突過ぎる」という感はある。

 次に登場する怨霊が何者か、という点も楽しみだが、またカクテルとかお酒全般の話題も追加してほしい。
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/1022-ed363704
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad