niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

パプリカ


パプリカ [DVD]パプリカ [DVD]
(2007/05/23)
古谷徹、林原めぐみ 他

商品詳細を見る

 他者の夢に侵入し、干渉できる機械『DCミニ』が盗まれた。DCミニを使って患者を治療していた心理療法士・千葉は、開発者・時田や所長・島らと、犯人とDCミニを探し始めるが、やがて事態は混迷度を増していき、夢と現の境が曖昧になっていく――。

 夢が現を呑み込んでいく様を見事に描写したSFアニメ。


 筒井康隆の著作が原作だが、内容はほぼオリジナルなので、原作未読でも観れるものになっている。今敏監督の最後の作品で、一言で言うなら「極彩色の悪夢」。または「公式が病気」。全体に散りばめられた常軌を逸した映像や台詞に、恐れと笑いの両方を感じられるのだ。
 軸となるストーリーはあるが、事態が進むにつれてあってないようなものになってしまう。これは主軸が「夢」なのだから、確信犯的演出であろう。

 『ドグラ・マグラ』が気分がヘンになる小説の代表作なら、『パプリカ』は気分がヘンになる映像の代表作だ。あの美しくも恐ろしい凝った映像美は、とても言葉では説明できない。ぜひ生きている間に一度は観てほしいと思う作品だ。


 作品の裏話を知りたいなら、映画『パプリカ』公式ブログがオススメ。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/1018-9934123d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad