niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

インビジブル・ウォー(不可視の戦争)

中国、強気の対日外交「揺さぶれば一層の譲歩」
菅首相「謝罪と賠償、応じるつもりない」 尖閣沖衝突
謝罪と賠償に「応じない」と菅首相 尖閣諸島問題で




「われらの戦略は一をもって十に当たる。われらの戦術は十をもって一に当たる。」
(毛沢東『語録』)

 現在、中国が日本に行っている様々な攻撃には、上記の言葉が忠実に反映されている、と私は思う。
 「国益」という大戦略を元に、様々な不可視の戦術を以って、日本を攻撃している。これはもう「インビジブル・ウォー(不可視の戦争)」と呼称しても過言ではないかもしれない。
 対して日本には、具体的な戦術も戦略もあるように見えない。様々なニュースを見ていて、私はあるアニメ映画のワンシーンを思い出していた。

「……戦線から遠のくと、楽観主義が現実に取って替わる。そして最高意志決定の段階では現実なるものはしばしば存在しない……戦争に負けている時は特にそうだ」と呟く部下に対し、「何の話だ。少なくともまだ戦争など起きてはおらん」と度し難い認識の台詞を吐く上司。「戦線」を「戦前」または「戦中」「戦時」などと言い換えれば、今の時事にそぐう台詞ではないだろうか。

「政治:主義主張の仮面を被った利害のぶつかりあい。私利私欲のためになされる公の行為。」
(ビアス『悪魔の辞典』)
「政治に野心がある、奸策がある、結党がある、政治は清浄を愛し、潔白を求むる者の入らんと欲する所ではない。」
(内村鑑三『所惑十年』)

 「清浄で真直な政治手腕こそが国を救う」という信念を以って行動することには何ら問題はない。ただ、「水清ければ魚棲まず」という格言もあるように、上層の政府の面々と下層の民衆の双方が、政治に関するあらゆる清濁を受け入れる覚悟を、そろそろ持つ必要があるのではないだろうか。下記の台詞が叫ばれる前に。☟

「だから! 遅過ぎたと言ってるんだッ‼」




○引用した作品

世界名言大辞典世界名言大辞典
(1997/11)
梶山 健

商品詳細を見る


筒井版  悪魔の辞典筒井版 悪魔の辞典
(2002/10/09)
アンブローズ ビアス

商品詳細を見る


TOKYO WAR MOBILE POLICE PATLABORTOKYO WAR MOBILE POLICE PATLABOR
(2005/06/30)
押井 守

商品詳細を見る


機動警察パトレイバー2 the Movie [Blu-ray]機動警察パトレイバー2 the Movie [Blu-ray]
(2007/08/24)
冨永みーな.古川登志夫.池水通洋.二又一成.大林隆介押井守

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

薬物は怖いよ。

 最近、違法薬物で逮捕される芸能人が相次いでいますね。

押尾学被告:実刑2年6月判決
清水健太郎容疑者を覚醒剤所持で起訴
田代まさし容疑者、今度はコカイン所持逮捕

 専門書によると、

【MDMA】(エクスタシー、アダム)
 幻覚剤。
 神経興奮タイプ。
 体温上昇作用や血圧上昇作用があり、摂取後の激しい運動は非常に危険。
 脳中の神経細胞を破壊する作用もあるため、使用し続けると脳に障害が生じる恐れも大いにある。

【覚せい剤】(ヒロポン、シャブ、スピード、エス)
 神経興奮タイプ。
 摂取後の典型的な特徴として、意味のない言動が目立つようになる。
 重症になると意識混濁、幻覚、幻聴が生じるようになる。
 妊娠女性が使用すると、奇形で生まれる、または脳に障害を持った状態で生まれる可能性が非常に高くなる。
 使用をやめても、飲酒やストレスが原因で中毒時と同様の精神症状を引き起こすことがあるため、それを防ぎたいがために再び使用を始める者も少なくない。

【コカイン】(コカ、コーク)
 神経興奮タイプ。
 覚せい剤よりも効果持続時間は短いが、その分効果そのものは強い。
 摂取後の典型的な特徴として、皮膚感覚が異常になり、体内に虫がいると錯覚して自傷するようになる。
 合わない体質の人が摂取した場合、急性ショック症状を引き起こして死に至るケースもある。
 妊娠女性が使用すると、奇形で生まれる、または脳に障害を持った状態で生まれる可能性が非常に高くなる。死産になる確率も高くなる。
 末期癌患者の鎮痛用に、現在でも医療関係者には流通している。
 コカ・コーラの創成期当初は合法的に添加されていたが、後に違法になり、代用品としてカフェインが添加されるようになったのは、有名な話。

 こうしてみると、神経興奮タイプばかりですね。
 違法薬物を使用し続ける人の最終到着地(ファイナル・デスティネーション)は、死人または廃人なので、
 薬物には決して近づかないでください!

 ――ちなみに、合法的な覚せい剤(神経興奮剤)というものもあったりする。それは「カフェイン」。直接的にではなく間接的に脳に作用するので、依存度や危険度は比較的低い。ただし体質に合わなかったり内臓に負担がかかったりするので、薬物として摂取するつもりなら、事前にしっかり調査や学習しておくことを注意しておく。

 参考図書はこちら。↴
乱用薬物の化学 (科学のとびら)乱用薬物の化学 (科学のとびら)
(2003/02)
井上 堯子

商品詳細を見る

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

ビジネス版 悪魔の辞典

ビジネス版 悪魔の辞典 (日経ビジネス人文庫)ビジネス版 悪魔の辞典 (日経ビジネス人文庫)
(2007/07)
山田 英夫

商品詳細を見る


 風刺と機知に富んだビアスの名作『悪魔の辞典』のルールに則って編集されたビジネス用語辞典。
 第一線で活躍中のビジネスマンが読めば「必笑」、就職活動中の人間が読めば「目から鱗」の、社会人必読の一冊。

 以下、参考のために、一部を引用。

新編 悪魔の辞典 (岩波文庫)新編 悪魔の辞典 (岩波文庫)
(1997/01)
アンブローズ ビアス

商品詳細を見る




続きを読む

テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

めだかボックス 6

めだかボックス 6 (ジャンプコミックス)めだかボックス 6 (ジャンプコミックス)
(2010/09/03)
暁月 あきら

商品詳細を見る


○行橋未造(狭き門/ラビットラビリンス)
 「十三組の十三人」の一人で情報収集タイプ。異常の特質として「皮膚感覚」が人並み外れている。その感度は、機械が放つあらゆる電磁波はおろか、人を含む全ての動植物が放つ極めて微弱な電磁波さえ受け付けてしまうほど。行橋はそうした自身の異常を活用して、相手から漏れた電磁波を受信することで、相手の思考や心理を読み取る。
 自身の異常を制御できず、精神的に死に掛けていた頃に都城王土と出会い、その強すぎる自我に惚れ込み、以降彼に付き従うようになる。

○裏の六人/プラスシックス
 異常度にかけては前出の七人を凌駕する、「十三組の十三人」のメンバー。詳細不明。

○負け犬軍団
 過去、生徒会に関わった異常+αの6人で構成された、助っ人軍団。生徒会メンバーを先に進めるため、プラスシックスと衝突、戦闘中。



続きを読む

テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

刀語 第九話 王刀・鋸

刀語 第九話 王刀・鋸 (講談社BOX)刀語 第九話 王刀・鋸 (講談社BOX)
(2007/09/04)
西尾 維新竹

商品詳細を見る


 出羽は天童将棋村――。
 無刀の剣士・鑢七花と奇策士・とがめは、王刀『鋸』を振るい、心王一鞘流をたった一人で守る汽口慚愧の道場を訪ねる。
 とがめがめぐらした奇策に、全身全霊で攻め入る汽口!
 一方で、否定姫配下の元忍者・左右田右衛門左衛門による真庭忍軍への残忍な粛清は静かに続く――!

 刀語、第九話の対戦相手は、心王一鞘流当主、汽口慚愧!

 以下、ネタバレ全開の感想。



続きを読む

テーマ:刀語(カタナガタリ) - ジャンル:アニメ・コミック

毎日暑いですね。

 9月に入りましたが、まだまだ暑いですね。
 身体を冷やそうと、氷や飲み物をがばがば口にしたいですが、こんな中毒症状があるのでご注意を。(↓)

水中毒

 何事も「○○過ぎ」には注意したいものです、な話。

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

ダイエット経過報告

 一月ぶりに体重計に乗りました。

63.2kg

 この連日の猛暑で、前回と比べて1.7kgの減量に成功しましたー。
 水分の摂取を管理したことで、水太りせずに済んだようです。あとはアイスを食べる本数を週一本にしたこと、かな?

テーマ:健康的なダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

東京拘置所の刑場を初公開

 つい先日、東京拘置所の刑場が報道機関に公開されましたね。

東京拘置所の刑場を初公開

「実態把握には不十分」「情報の公開度に不満足」などの意見もあるようだが、そうお思いの方は、こんな本を読んでみてはいかがだろうか。

元刑務官が明かす死刑のすべて元刑務官が明かす死刑のすべて
(2006/05)
坂本 敏夫

商品詳細を見る


 元刑務官が現在行われている「死刑」に関する全てを赤裸々に語り尽くした、今この時期だからこそ、読まれるべき本である。
 死刑囚がその時まで過ごす日々…最も身近にいる看守と刑務官の苦悩…著者が想う「死刑制度」の是非…そして、死刑執行当日の始めから終わりまで…。
 特に、本書に収録されている「死刑執行当日」の模様を描いた劇画『死刑執行』は、執行の瞬間を何度も経験した著者ならではのリアリティで描かれている。この劇画を読むだけでも、執行する者と執行される者の心情がひしひしと伝わってくる。

 死刑制度を論議するなら、まずは本書を参考資料として読み込んでみては、いかがだろうか。

テーマ:死刑制度について - ジャンル:政治・経済

FC2Ad