fc2ブログ

2009-02

ep04-03

「お待たせしました、雪国です。コーヒーの方はドリップしている所ですので、今しばらくお待ちください」
「うわー、きれーい!」
 私と裕子が同時に感嘆の声を上げた。カクテル『雪国』は東里さんが言った通り、雪国の美しさを表現したカクテルだった。
 舞い散る雪のようなカクテルが、縁に雪化粧のように白い粉末が施されたグラスに注がれていて、更にアクセントとして、何だろう、丸いエメラルドのようなものが沈められている。黒川さんに尋ねると、グリーン・チェリーです、と教えてくれた。
 本当に綺麗ねー、と言いながらカクテルを眺めている東里さんだが、その目は半ば虚ろな感じだ。綾瀬さんも私と同じことを感じたようだ。
「おい、大丈夫か?」
「らいじょーぶよー」
 さっきと比べて、やや舌足らずなしゃべり方になっている東里さん。カクテルを一口飲むと、自分がいかに酔っていないかを示すためか立ち上が――ろうとしてよろめいた所を綾瀬さんが抱き抱える。
「あえ?」
「ほら、もうふらふらじゃないか。もう寝よう」
「やー、エッチー」
「いや、そういう意味の、寝よう、じゃないよ」
 そう言って、東里さんの左腕を自分の首の後ろに回し、彼女の腰を持って支えると、
「いきなりでごめんね。お休み」
 そう私達に言って出ていった。
 残された私たち。アイコンタクトで、どうする、と裕子に問う。
「何か白けちゃったしー、寝る?」
 裕子の提案に乗ることにする。明日になれば天気が好転するかもしれないし。そしたらスキーもできるだろう。早めに寝て鋭気を養うのも大事だ。
 黒川さんに挨拶をして二階に上がり部屋に入ると、とりあえず勢いをつけてベッドに寝転んだ。
 はあ。今日は色々なことが起きたから、精神的にやや疲れたなあ。
 そんなことをぼんやりと考えながら天井を眺めているうちに眠気が……襲って……き…………………………………………。
スポンサーサイト



テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

ep04-02

「さっきの話ですけど、魔が差す、という言葉もそうなんですか?」
 そう質問してからペアになった札を捨てた。
「みたいだね。本来は魔心と呼ばれる悪い気が心の中に自然発生することだったんだけど、日ごろの本人からはあまりに考えられない事態ゆえに、原因や理由を外的要因に求める際に、魔というモノを憑き物として生み出した、という話だったよ。おっ」
 綾瀬さんがカードを出した。
「ちょっとー、難しい話しないでよー。もっと楽しい話しよー」
 裕子が口を尖らせて言った。
「ごめんごめん。ちょっと気になっちゃったものだから」
「お待たせしました。シャーリー・テンプルとブラック・アンド・タンです」
 黒川さんが飲み物を持ってきた。
「シャーリー・テンプルって、レモンジュースなんですね」
 グラスの縁にかかっているレモンの皮を使った飾りを見て私が言うと、
「ジンジャーエールを使用することもありますが、今回はレモネードにしてみました」
「このカクテル、なんかミルクコーヒーみたい」
 頼んだカクテルを眺めて裕子が言う。
「ミルクは入れていますが、コーヒーではないです。まあ飲んでみてください」
 勧められてカクテルを口に運ぶ。口に入った途端、彼女の目が丸くなった。
「はー、コーラなんですかー」
「そのとおりです。いかがですか?」
「ミルクが入っているんで、普通のコーラよりもスッゴク飲みやすいです!」
 そう言うと裕子はまた、ハァ~、と感心の溜息をついた。
「コーラをミルクで割っただけですのでご自宅でも簡単に作れますし、ミルクの量を調整することでその時の気分に合った喉越しを楽しむことができるカクテルです」
「へぇ~」
「では、東里さんと綾瀬さんが注文した飲み物を出さないといけないので、一旦失礼致します」
 そう言って、黒川さんはカウンターへ戻っていった。
「あ、あがりー」
 裕子は最後の札を出すと諸手を揚げた。気がつけば綾瀬さんの持ち札は残り二枚、私は一枚だ。綾瀬さんはいっぱいに腕を伸ばして、二枚の札を私の目の前に突きつける。緊張を感じたのでカクテルを一口、喉ではなく心を潤す。そして、ふうっ、と軽く息をつき、再び心が迷う前に素早く一方の札を取った!
 確認する。
「っしゃー!」
 私は叫んで、仲良く揃った二枚を場に出した。続いて綾瀬さんが、あーあ、と残った札を、ぽん、と場に出す。スペードのA。
「Aだったんだー」
 最初に伏せられていた札を確認する裕子。横からのぞくと、伏せられていたのはハートのAだった。
「♪~♪~♪~」
 東里さんが鼻唄でキャンディーズの『ハートのエースが出てこない』を奏でた。

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

«  | ホーム |  »

プロフィール

J.Smith

Author:J.Smith
 興味を惹かれるととことんのめり込みますが、きっかけがあれば冷めるのも早いです(^^)。
 色々読んでいます。最近は読むだけでなく、実行可能なものは実践してみています。ただし、主観的なもの、プラシーボ効果、思い込み等の可能性も否定しません。

閲覧数カウンター

最新記事

カテゴリ

メモ (1)
ニュース (60)
雑記 (258)
ダイエット参考書籍(随時更新) (1)
ダイエット経過報告 (169)
酒(色々飲んでみた) (42)
いろいろ実践してみました。(科学から生活の知恵まで、ときどき気功と人体実験) (44)
タロット占い (13)
今日の一冊 (540)
今日の一本 (139)
サターン賞(娯楽映画のアカデミー賞)受賞作 (10)
荒木飛呂彦が選んだホラー映画:2011年版 (5)
荒木飛呂彦が選んだサスペンス映画:2013年版 (3)
今日のアルバム (62)
ジャズ (51)
クラシック (51)
今日のソフト (9)
今日の名言(迷言?) (12)
稲川淳二の怪談 (67)
『怪話』 -実- (12)
『怪話』 -虚- (2)
掌編 (8)
小説「マリス」(仮題) [サスペンス風] (21)
共作連載小説「未来東京百合ッ娘同盟。」 [セーラー服の女性達が銃を手に戦場を…] (14)

検索フォーム

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる