niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

稲川淳二の怪談 MYSTERY NIGHT TOUR Selection17「柳川の芸者」

稲川淳二の怪談 MYSTERY NIGHT TOUR Selection17「柳川の芸者」稲川淳二の怪談 MYSTERY NIGHT TOUR Selection17「柳川の芸者」
稲川淳二

MYSTERY NIGHT TOUR RECORD 2016-06-02
売り上げランキング : 8897

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

1.柳川の芸者(2003)※既出
 稲川さんが、TVのロケで泊まった旅館で体験したお話です。過去に収録した時は「九州のとある水郷地帯」と場所をぼかしていたんですが、ここでは具体的な地名を明かしてます。
 これは、恐いというよりも、不思議なお話ですね。時空がねじれた、と言いますか。これは、建物の記憶がふとしたきっかけで再生されたんでしょうか。それとも、陽気な芸人の霊が、来たんでしょうか。

2.馴染みの遊女(2014)
 時代は戦後から数年経ったぐらい。幇間(太鼓持ち)さんが体験した話です。これは、引っ張られたとでも言うんですかねぇ。背筋がぞっとする話なんですが、同時に遊女の情念、そして時代というものも感じさせる、なんとなく物悲しさもある話です。

3.画鋲で留めたカーテン(2015)
 去年と言っていますから2014年でしょうか。中国地方のとあるホテルで稲川さんが体験した、怪談です。このホテル、今でもあるんでしょうか。
 他のホテルや旅館と比べて「あれ?」と思っても、好奇心に負けずに無視した方がいい。そう思わせるお話です。

4.首吊りの木(2012)
 亡くなられた方の中には、死後も騒がれるのを好まない人もいます。
 だから、肝試しで人が亡くなった場所へ行こうなんてしない方がいいですよ。こんな話がありますから……。

5.サテライトスタジオ(2011)
 サテライトスタジオとは、演奏所建物内又は放送局の敷地以外の場所に設置された、小型のスタジオのことです。地元発信のFM放送などを流している、商店街とか繁華街とかに設置されているのをご覧になった方もいるのではないでしょうか。
 この話、終わり方がちょっと特殊で肩透かしを感じる人もいるかもしれません。でも、なんとも言えない余韻を感じさせる怪談だと思います。

6.隣の奥さん(2009)※既出
 やるせなすの中村さんが某番組で仰っていたんですが、「心の隙間がある人に霊は憑く」そうです。この人もどうやら、心の隙間を狙われたようですね……。
スポンサーサイト

テーマ:怪談 - ジャンル:

稲川淳二の怪談 MYSTERY NIGHT TOUR Selection16「リヤカー」

稲川淳二の怪談 MYSTERY NIGHT TOUR Selection16「リヤカー」稲川淳二の怪談 MYSTERY NIGHT TOUR Selection16「リヤカー」
稲川淳二

MYSTERY NIGHT TOUR RECORD 2015-06-04
売り上げランキング : 3969

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


1.公団のはしゃぎ声 (2002)
 この話はねぇ……。話と話が微妙に噛み合わないと言いますか、ちぐはぐと言いますか、なんか歪な感じがするんですよねぇ。そして、全てが聴く者に委ねられる。このオチは怪談らしくない、と思う人がいるかもしれません。でも、この尻の座りが悪いような、むず痒さを感じさせるような半端感がかえって現実味を増す。そうは、思いませんか……?

2.遅れて来た二人 (2014)
 これ、怪談としてはよくあるパターンです。でもよくあるパターンということは、よく体験するパターンでもあるわけですよね?
 もし出先で仲間が遅れて現れたら、この話を思い出してみてください……。

3.いとこの修学旅行 (2005) [既出2回目]
 稲川さんの従兄弟さんが、京都の修学旅行に参加した際に泊まったところで体験した、お話です。もしあなたが学生なら、今度はあなたが体験するかもしれませんよ?

4.真実の鏡 (2008) [既出2回目]
 場所は九州北部、今はもう取り壊された建物での話です。この話はねぇ……。この結末には、きっと皆さん、驚かれますよ。ええ。

5.リヤカー (1994) [既出3回目]
 稲川さんのおばさんが、戦時中に体験した怪異のお話です。場所は、長野県の某所だそうですが、その場所。どうも、現在でもあるようですが、行ってみない方が良いですよ。足止めされたくなかったら……。

6.最終前のバス (2013)
 未解決の交通事故現場にある、「情報求む」の看板。この看板が撤去されたら、事件が解決したと思っていいかもしれません。そして、もしかしたら、こういう経緯があって犯人が出頭した事件も、中にはあるのかもしれませんねぇ……。皆さんも気をつけてくださいね?

テーマ:心霊 - ジャンル:サブカル

稲川淳二の怪談 MYSTERY NIGHT TOUR Selection15 「ミシン」


稲川淳二の怪談 MYSTERY NIGHT TOUR  Selection15 「ミシン」稲川淳二の怪談 MYSTERY NIGHT TOUR Selection15 「ミシン」
(2014/06/06)
稲川淳二

商品詳細を見る


【1. ミシン (2011)】
 この話、民家を再利用した寄宿舎が舞台です。今だと借家ですかねぇ。
 借りた借家に前の入居者が使用していたものが残っていたら…………詳細を必ず確認したほうがいいでしょうねぇ。
 何も考えずに処分してはいけませんよ? 怨みを買うかもしれませんから。その持ち主の。


【2. オーベルジュ (2013)】
 心霊スポットには、決して遊び半分に行ってはいけません。ましてや悪ふざけをするなんてのは以ての外。
 遊びのつもりが命取り、なんてことになるなんて、ざらですから。

 
【3. 宝物殿 (2011)】
 稲川さんが、福井県の某所に泊まった時のお話です。この結末には、きっと皆さん、驚かれますよ。ええ。


【4. バックミラー (2009)】(既出2回目)
 相性が良いと言いますか、悪いと言いますか、電化製品や電子機器の類というのは、霊にとっても利用し易いツールみたいですねぇ。
 電化製品や電子機器が原因不明の不調に陥った時は、経年不良や故障の可能性と同時に、こちらの可能性も考えてみた方がいいのかもしれないですねぇ……。 


【5. 深夜の訪問者 (2010)】(既出2回目)
 この話は、凄く怖いですねぇ。亡くなった方の苦しみが、思いっきり伝わってくるんですよ……。


【6. R246の公衆電話BOX (1996)】(既出2回目)
 ある大学生から投稿されたお話です。場所は、東京と横浜を通る路上、都会のど真ん中なんです。怪異であることを否定したいばかりに、調査と検証を重ねれば重ねるほど恐怖が増していく、そんなお話です。

テーマ:心霊 - ジャンル:サブカル

稲川淳二の怪談 MYSTERY NIGHT TOUR Selection14「長い死体」


稲川淳二の怪談 MYSTERY NIGHT TOUR Selection14「長い死体」稲川淳二の怪談 MYSTERY NIGHT TOUR Selection14「長い死体」
(2013/06/07)
稲川淳二

商品詳細を見る



【1. 宿のありもしない用件の電話 (2004)】(既出2回目)
 この話はねぇ。口は災いの門と言いますか、うっかりあることを口にしたばっかりに、体験しなくていい体験をしてしまった人のお話です。でね、その場では気付かない。後から「あれは怪異だったのか」と気付くときもあれば、ずうっと気付かないままのときもある。そんな、お話です。


【2. 南房総の乗客 (2007)】(既出2回目)
 調べるとわかることなんですが、タクシーの運転手に限らず、昔から人を運ぶ仕事をしている人は怪異に遭いやすいようなんですね。駕篭かき然り、人力車の運転手然り。人と同じように、霊の中にも、その場から移動したいと思う者が、昔から少なからずいたようなんですよねぇ。でも中には、移動したくても移動できない者もいる。それが、土地や環境に因るものなのか、自身の「この場から離れたい」という執心に因るものなのかは、わかりませんが。


【3. ツーリング(2009)】(既出2回目)
 旅行って、楽しいですよねぇ。目的地を決めない旅なんか、先が判らない不安感が高揚感に変わっちゃう。でもこういうこともあるので、野宿する時は、場所は慎重に選んだ方がいいんでしょうねぇ……。


【4. 郵送物(2010)】(既出2回目)
 これは、気付かない人は気付かない。気付く人は気付く。そんなお話なんですが、一体、中身は何だったんでしょうねぇ……。


【5. 長い死体 (1994)】(既出5回目)
 2007年の人気投票で、ランキング2位になった、有名な怪談です。最後の語りも怖いですが、頭に語られた話もねぇ……。予兆というものって、あるんですかねぇ。


【6. ブラインド (2011)】
 隣は何をする人ぞ。24時間365日、始終ブラインドやカーテンが閉められた部屋。中には窓に新聞紙が貼られた部屋なんてのもありますが、そういう不可解なものって、何となく気になりますよね。仕事上の理由や個人的な理由でそうしているのでしょうが、中には、このような理由でブラインドやカーテンを開けられない、というのもあるようです……。

テーマ:心霊 - ジャンル:サブカル

稲川淳二の怪談 MYSTERY NIGHT TOUR Selection13「赤い半纏~完全版~」


稲川淳二の怪談 MYSTERY NIGHT TOUR Selection13「赤い半纏~完全版~」稲川淳二の怪談 MYSTERY NIGHT TOUR Selection13「赤い半纏~完全版~」
(2012/06/20)
稲川淳二、樋口舞 他

商品詳細を見る



【01-怪談爺ぃの唄】


【02-鏡のない洗面台(2004)】(既出2回目)

 稲川さんが、伊豆にある、とあるビジネスホテルに泊まった時に、体験した怪談です。VIPルームだそうですから滅多に人は泊まらないでしょうが、もし、泊まった部屋が他の部屋と様相が異なる造りだったら、洗面台に鏡がなかったら…………

 背後には、注意してくださいね。


【03-人面相(2004冬)】

 これはねぇ……。厳密には怪談とは言えないのかもしれません。目の錯覚か、脳の認識の錯覚でそういう風に見えただけなのかもしれません。でも、聴くととても気味が悪くなる、お話だと思います。


【04-樹海 ~暗闇の絵馬~(2008)】(既出2回目)

 この話はねぇ、私は、あんまり怖いとは思わないんですよねぇ。樹海にいる誰かがね、善意でもって、移動している間、手を握っていてくれた。そんな気がするんですよねぇ……。


【05-赤い半纏<完全版>(2007)】(既出4回目)

 今から三十七年前だそうですから、初出は一九七五年ですか。稲川さんがラジオのDJをやっていた時に、年配のご婦人から投稿されたお話です。その方が女学生の頃のお話ですから、戦後まもなくの頃になりますか。前半は、以前に語られたものと同じですが、後半は、稲川さん自身が実地調査をして、そこから得られた情報を元に語っています。これが真実なのかどうかは判りませんが、あの戦争が関わってくる、とても哀しいお話と、なっています。8月15日になったら、もう一度聴こうかな、と思っています……。


【06-赤いはんてんの唄】

テーマ:怪談 - ジャンル:

稲川淳二の怪談 MYSTERY NIGHT TOUR Selection12「黄色いトンネル」


稲川淳二の怪談 MYSTERY NIGHT TOUR Selection12「黄色いトンネル」稲川淳二の怪談 MYSTERY NIGHT TOUR Selection12「黄色いトンネル」
(2012/06/08)
稲川淳二

商品詳細を見る



【01-黄色いトンネル(2004)】(既出2回目)

 この話は、某心霊スポットにまつわるお話なのですが、これが真実または事実なのかどうかは、わかりません。聞いた方がご自身で、判断してください……。


【02-憑いているタクシー(2011)】

 人に憑く霊、人形に憑く霊というのは古今東西様々ありますが、タクシーに憑く霊というのは初めて聞きました。どこかに行きたいのか、それともこのタクシーがお気に入りなのか。それは、定かではありません……。


【03-地下室の雨宿り(2007)】(既出2回目)

 こういう戦争が絡む怪談はねぇ、恐怖というよりも、戦争の凄まじさと戦死者の哀しさが入り交じった、とても重みを感じるんですよねぇ。戦争の体験談ばかりでなく、こういう話も、後世にまで語り継がれてほしいですねぇ……。


【04-樹海 ~最後の一枚~(2010)】(既出2回目)

 カメラというのは、連続している世界の「一瞬」を切り取る機械なんです。だから写真というのは、切り取った世界の「一瞬」なんです。「一瞬」というのは、目には止まらないですからねぇ。何が写っても、おかしくはないですよねぇ。


【05-深夜の浴場(2009)】(既出2回目)

 幽霊を信じたり怖がったりしても、妖怪は信じていなかったり怖くはなかったりする人、多いんじゃないでしょうか? でも、「幽霊」では説明がつかず、「妖怪」だと説明がつくというか、納得できる。そういう話って、現代でもあるんですよ。


【06-大学生のアパート(1999)】(既出2回目)

 場所は、東北地方にある、とある国立大学に近いアパートの一室です。集合住宅には基本的に先住者がいるものですが、きっちり手続きを踏まないと、いつまでも自分の部屋だという認識で居座り続ける先住者も、どうやらいるようです……。

テーマ:怪談 - ジャンル:

稲川淳二の超こわい話 青い部屋


稲川淳二の超こわい話 青い部屋  [DVD]稲川淳二の超こわい話 青い部屋  [DVD]
(2011/07/22)
稲川淳二

商品詳細を見る



【1.二階の死体】

 この話はねぇ……。話と話が微妙に噛み合わないと言いますか、ちぐはぐと言いますか、なんか歪な感じがするんですよねぇ。でも、これこそ「怪談」なのかもしれません。


【2.ヘアピース】

 日本の北方で土砂災害が起きて、被災者の救助に向かった消防署の方が経験した、怪異のお話です。こういう、災害や大事故や戦争といった、大勢が亡くなった事象が大元にある怪談というのは、どれも怖いというより、哀しいんですよね。聴いた後、手を合わせたくなるんですよ。


【3.44年ぶりの同窓会】

 稲川さんが44年ぶりに、通っていた高校の同窓会を催したときの、お話です。もしかしたらその人は、目には見えないだけで、ちゃんと出席していたのかもしれないですねぇ。あなたが同窓会に参加したときは、よろしければこの話、思い出してみてください……。


【4.深夜の訪問者】

 この話は、凄く怖いですねぇ。亡くなった方の苦しみが、思いっきり伝わってくるんですよ……。


【5.枕】

 この話はねぇ……。この結末には、きっと皆さん、驚かれますよ。ええ。


【6.最後の一枚~樹海~】

 カメラというのは、連続している世界の「一瞬」を切り取る機械なんです。だから写真というのは、切り取った世界の「一瞬」なんです。「一瞬」というのは、目には止まらないですからねぇ。何が写っても、おかしくはないですよねぇ。

テーマ:怪談 - ジャンル:

稲川淳二の超こわい話 赤い部屋


稲川淳二の超こわい話 赤い部屋  [DVD]稲川淳二の超こわい話 赤い部屋  [DVD]
(2011/07/22)
稲川淳二

商品詳細を見る



【1.内田のおばあちゃん】

 稲川さんが子供のころ、お祖母さんから聞かせてもらった、怪談です。亡くなった友人が訪ねてきても、懐かしさから無警戒に扉を開けない方がいいですよ。訪ねてきたのではなく、連れに来たのかもしれませんから……。


【2.NPO】

 場所は、都心から真東に向かって、車で1時間半ほどの所にあるアパートです。具体的な住所や地名は言わないんですが、かなり詳細に周辺の状況を語っています。分かる人には分かってしまうでしょうが、決して探しに行かないほうが良いですよ。運が良ければ、いや、悪ければ、見つけてしまうでしょうから……。


【3.蚊帳の屋根】

 霊の中には、寂しがり屋な者も多いんですよ。そういう霊は、見られているとわかると、近寄ってくる。場合によっては、憑いて来る。ですから祓う術を知らない人は、そういうモノは、見えても見えていないフリをした方が良いですよ。憑いて来ますから……。


【4.ミニクーパー】

 この話はねぇ……。怖いことは怖いんですが、その結末には、亡くなられた方の、哀しみと救いを感じるんですよねぇ……。


【5.ロケバス】(既出2回目)

 場所は、東京と神奈川の県境にある、某人造湖付近です。深夜、闇の中、バスの中で一人待機。怖いですよねぇ。運転手を任されている時には、絶対に思い出したくない、お話です……。


【6.郵便物】

 これは、気付かない人は気付かない。気付く人は気付く。そんなお話なんですが、一体、中身は何だったんでしょうねぇ……。

テーマ:怪談 - ジャンル:

稲川淳二の怪談 MYSTERY NIGHT TOUR Selection11「奥多摩の旅館」


稲川淳二の怪談 MYSTERY NIGHT TOUR Selection11「奥多摩の旅館」稲川淳二の怪談 MYSTERY NIGHT TOUR Selection11「奥多摩の旅館」
(2011/06/03)
稲川淳二

商品詳細を見る



【01-死神を乗せたタクシー(2007冬)】(既出2回目)

 この話はねぇ……。実は、全国的にわりとよく起きているんじゃないでしょうか。毎年起きている数多くの事故。その内の何割かは、この話のように、どう考えても辻褄が合わなくて、関係者と警察との間で話を合わせて、半ば無理やりに辻褄を合わせて解決としている。そんな気がします。


【02-慰霊碑(2005)】(既出2回目)

 山というのはねぇ、素晴らしくもあり、恐ろしいところなんですよねぇ。人を簡単に魅する場所であると同時に、簡単に人の命を獲る所でもある。中には、囚われたまま取り込まれる人も、どうやらいるようです……。


【03-ロケバス(2010)】

 場所は、東京と神奈川の県境にある、某人造湖付近です。深夜、闇の中、バスの中で一人待機。怖いですよねぇ。運転手を任されている時には、絶対に思い出したくない、お話です……。


【04-奥多摩の旅館(1995)】(既出3回目)

 場所は、東京の奥多摩です。これはねぇ、最後のスタッフの一言に尽きますねぇ。恐いというよりも、冥福を祈りたくなる。そんなお話です。


【05-地下のリハーサル室(2008)】(既出2回目)

 神奈川県にある、古い建物に纏わる、お話です。使用禁止、出入り禁止になっている部屋というのは、必ず理由やら原因やらがあるので、気にはなっても近づかないほうがいいですよ。こんな話が、ありますから……。



【06-猫が鳴く(2009)】(既出2回目)

 場所は、東北の港町にある、アパートの一室です。今、あなたが住んでいる貸し部屋でも、過去に似たようなことがあったかもしれません。こういう曰くつきの貸し部屋、きっと他にもあるんでしょうね。

テーマ:怪談 - ジャンル:

稲川淳二の超こわい話 怨霊奇談


稲川淳二の超こわい話 怨霊奇談 [DVD]稲川淳二の超こわい話 怨霊奇談 [DVD]
(2010/07/23)
稲川淳二

商品詳細を見る



【1 隣の奥さん】

 やるせなすの中村さんが某番組で仰っていたんですが、「心の隙間がある人に霊は憑く」そうです。この人もどうやら、心の隙間を狙われたようですね……。


【2 ツーリング】

 旅行って、楽しいですよねぇ。目的地を決めない旅なんか、先が判らない不安感が高揚感に変わっちゃう。でもこういうこともあるので、野宿する時は、場所は慎重に選んでくださいね……。


【3 信州での話】

 稲川さんが、お父さんから聞かせていただいた、お話です。似たような体験をした人はきっとたくさんいて、その内の九割九部は「気のせい」か「見間違い」で片付けてしまうんでしょうねぇ。


【4 信州のおじさん】

 第二次世界大戦末期。稲川さんのご家族が見聞きした、お話です。怪談って、こういう「家族の絆」について再考させられるものも、多いんですよねぇ。


【5 はるみさんのアパート】

 引越し先には先住者がいた。まあよくある話ですが、この話には、「偶然」では片付けられない「ナニカ」を感じますねぇ。


【6 猫が鳴く】

 場所は、東北の港町にある、アパートの一室です。今、あなたが住んでいる貸し部屋でも、過去に似たようなことがあったかもしれません。こういう曰くつきの貸し部屋、きっと他にもあるんでしょうね。

テーマ:怪談 - ジャンル:

FC2Ad